面白い取引方法

さとやママの気まぐれレシピ♪ > エンタメ > 面白い取引方法

面白い取引方法

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:エンタメ

一般的な経験の浅い方向けの外為取引の情報では「損が生まれた場面ではナンピン買いをすることによって平均の買い付け価格を低くする事が出来る」等記述されている事もありますが実際にはこれは隠れたリスクが待ち受けています。

 

ナンピンの原理についてごく簡単に説明しておきます。

 

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$(ドル)買いですのでドル高に動くほど利益を得られますが不幸にして1ドルが95円まで円高が進んでしまった。

 

この場面で保持し続けたとしたら、損失が回復するまでには5円分円安ドル高が進まなければならない。

 

誰もが、損はなるべく早く取り戻したい願います。

 

それを解決するためはじめにエントリーしたのと同じ分のドルを1ドル=95円で買います。

 

そうしたら、ポジション全体のコストは1ドル=97.50円まで引き下げることができます。

 

言い換えると、2円50銭の幅でドル高に進めば損を回復できます。

 

それが、ナンピン買いの方法です。

 

ナンピン買いのロジックを理解すると「確かに」と思ったりするが、相場はそう簡単に思い通りにはいきません。

 

元々、1ドル=95円以下にならないとは誰一人として分かるわけがありません。

 

たとえば、外国為替市場が円高傾向であるならば、1ドル=95円では収まらずさらに一層ドル安にいく確率がある。

 

例として、1ドル97.50円でナンピンをしたとしても、1ドル=95円までドル安に進んだらナンピンをしたポジションも、為替差損が生じてしまいます。

 

こういう状況では初めに買ったドルとトータルで、二重の損失が生じます。

 

それゆえ、ナンピン買いは厄介です。

 

であるなら、為替相場が自らのシナリオとは別の方向にさっさと進んでしまった場合、いかなる方法で危機を回避すればいいのでしょうか。

 

この場合取るべき方法は2つだけあります。

 

最初のひとつは潔くあきらめて損切りをする事です。

 

もうひとつの方法としては、保持しているポジションを縮小することによって、もう一度相場がリカバリするのを大人しく待つことだ。

 

ずいぶん後ろ向きな方法だと感じる方もいます。

 

だけど、自分の持っているポジションに損が生じた時妥当な手法はそれ以外にはありません。

 

理論としてはナンピンする対策も効果的です。

http://www.jslp52.org/

けれどもナンピンは自身が損失を出している場面にもかかわらずポジションを小さくするどころか、それとは反対にポジションを重ねていく方法です。

 

この手法では、危険を避けることなど、どこをどうやっても可能ではないと思うべきです。

 

ナンピン買いを続ける事ができればやがては利益を上げられるかもしれません。

 

でも、それより先に投資資金はマイナスになってしまいます。